商品の選び方

カップルとスーツの人

アドバイザーに相談

過去に病歴があると、今までであれば保険に入る事が出来ませんでした。
特に完治が難しいと言われていたガンであれば、入れる保険は全くなかったのです。
しかし近年では医療保険や、ガンに特化したガン保険の商品が増えてきて、その中には、過去にガンを発症した人でも入れる保険が誕生したのです。
ガンは完治しても再発の可能性が大いにある病気です。
発症した人だからこそ、その為の備えが必要じゃないのかという考えが、入れる保険の誕生なのです。
過去の病歴を踏まえながら保険アドバイザーに相談すると、自分にあった保険が見つかるでしょう。

先進医療の保障

技術力が発達し、最も治療効果が高いといわれる医療法があります。
それが先進医療です。
この先進医療は治療効果が高いと認められていますが、公的医療保険の対象にするかを検討されている段階なので、健康保険適用外となります。
ガン治療の中にも多くの先進医療がありますが、受けたくてもその料金の高さに泣く泣く諦める人も多くいます。
しかし医療保険やガン保険には、基本の保険料に追加料金を加える事で先進医療保障も手に入れられるようになったのです。
このオプションには多くの人が喜んだでしょう。
さらに、入れる保険でも先進医療保障が手に入れられるようになりました。
先進医療の中には、身体に大きな負担を与える手術を受けずに、特殊なレーザーを用いる治療を受ける事も可能です。
体力のない高年齢の人は、手術を受ける事が難しいので、高年齢の人にこそ先進医療保障が必要なのです。

入院保障は1万円以上

入れる保険や医療保険にしても、入院保障額をいくつかのパターンから選ぶ事が出来ます。
入院保障額が高ければ高いほどもちろん安心ですが、その分、月々の保険料も高くなります。
今は、入院費用が平均でも1万円を超えると言われています。
その為、入院保障額の最低ラインを1万円に設定する人もいるでしょう。
手元に入る保険金が、実際の入院費より少なければ入院日数が長引くだけ、マイナスが大きくなるのです。
ガン経験のある人でも入れる保険というのは、健康な人用の保険よりも月々の保険料が割高なので、支払いは難しくなります。
しかし、もしもの時に備えて大きな保障を1つ持っておく事で安心する事が出来るでしょう。